脱毛器で自宅脱毛するメリットとデメリット

脱毛できる(と言っている)機器の中には、思ったような効果が得られないようなものもあります。

「安くても、そこそこの効果があればいい」と言って安易に選んだ脱毛器が、きちんとした効果が得られる製品なのかどうか、調べてから買っても、遅くはありません。

信頼できる製品の下位バージョンなどは問題ないですが、それ以外の、ただ安い脱毛器具の場合、痛すぎて使えなかったとか、焼くときのニオイが不快、音がうるさすぎなど使用するのにはちょっと難アリだったという声がよく聞かれます。

これでは安物買いで結局、損をしていることになります。

そうならないためにも、よく調べて比較し、納得した上で購入に踏み切るべきでしょう。

センスエピはイスラエルの美容技術者が開発した家庭用のフラッシュ式脱毛器です。

光脱毛器のカートリッジは消耗品ですが、センスエピなら交換不要で5万回使用できるため、トータルコストがわかりやすいという評価もあります。

出力の強弱を1?5段階で選べるのでハイパワーでガツンと効かせることもできますし、パワーを抑えて刺激の少ない脱毛もできます。

もちろん、顔の脱毛にも使えます。

シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、疲れずに自分のペースにあわせて脱毛できると評判ですが、照射面積が小さいため、やはり広範囲の脱毛は時間がかかってしまいます。

価格を考えると、広い・狭いのどちらかにしか対応していないのは、やむを得ないといったところでしょう。

脱毛器は安全性をチェックしたうえで販売されているので安心ですが、メーカーが推奨していない使用方法などでは思わぬ肌トラブルになってしまうことがあります。

使用する前に、説明書と注意書きをよく読み、説明に沿った使い方をするよう心がけましょう。

光を照射するタイプの脱毛器具の場合はとくに、光による効果はじわじわと、あとからくる分もあるので、使用方法を厳密に守ったほうが良いですね。

終わったら、器具の後かたづけも説明書の通りに行なっておきましょう。

清潔な器具は安全の第一歩です。

脱毛器はよく比較してから買うべきと言われます。

実際に使った人の感想は参考にすると、カタログだけでは想像できなかったことがわかるので、オススメです。

メーカーのオフィシャルサイトなどではきれいな仕上がりのイメージ写真や、メリットなどが書かれていますが、使ってみたら書かれていなかった点で気になることがでてくることもあります。

特に、脱毛器の音、刺激感、痛みなどは、あとからよく指摘される点でもありますから、できるだけ多くのレビューを読んで参考にしてから、脱毛器を選ぶようにしましょう。

動作音の大きさは脱毛器によって違うので、動作音が大きいものを買ってしまうと騒音に感じることがあります。

アパートにおいて使用する場合、夜遅くに使用すると隣人に迷惑となるケースもあるので、気配りを忘れないようにしましょう。

動作音が大きいのがイヤならば、できるだけ静音性に優れたものを選択するようにしてください。

家で自分で脱毛ができる脱毛器には様々な種類があるので、どれくらい使用するのか、頻度はどれくらいかなど考えて選ぶのがいいですね。

フェイスのうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを脱毛できる機器もあれば、お顔をきれいに整える効果もある脱毛器もあったりします。

気軽に持ち運べるものから重いものまでありますし、充電タイプと電池タイプがありますが、脱毛するときに時間を気にせずにしたい!という方は電池よりコンセントにつなぐタイプの脱毛器がおすすめです。

脱毛器は手頃なところで1万円程度のものもあれば10万前後の脱毛器がありますから、価格はピンキリといっていいでしょう。

メーカー独自の販売努力や価格設定などもあるので、高い製品ほど性能や満足感が高いとは言えませんが、値段が安いものになればなるほど値段なりの性能であったり、満足感が低くなることがあると覚悟しておくべきでしょう。

自分が欲しい効果が得られないのであれば、安いからといってお金をドブに捨てるようなことはできないですよね。

メーカーサイト以外に、ユーザーレビューをよく読んでから検討してみてください。

最近では男性でも脱毛するのが当たり前な時代になってきましたね。

芸人さんの間では脱毛している方も多く、カズレーザーさんやワッキーさんなどが脱毛していることを公言していますね。

脱毛に興味があるけど、行く勇気がなかなか...と言う方もまだまだ多いかと思います。

そんな方に使ってほしいのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器であれば、人目を気にする必要もありません。

自分の好きなタイミングでムダ毛を処理することができるので、休みの日は家でゆっくりしたいという方でも合間合間で脱毛することができるのです。

また、男性の場合美容グッズに詳しくないと言う方も多いかと思いますが、脱毛器の良し悪しは本当にピンキリですから必ず事前に口コミなどはチェックすることをおすすめします。

パナソニックの脱毛器ソイエをご存知ですか?最近主流の脱毛器はだいたい光脱毛が採用されていて、毛母細胞を破壊し脱毛を促します。

しかし、ソイエはムダ毛を引き抜く脱毛器です。

ムダ毛を無理やり引き抜きますので、確かに脱毛はできます。

しかし、この方法では一時的にしか脱毛できません。

確かに、1週間程度はツルツルを維持できるかと思いますがしばらくすると脱毛したムダ毛と同じ太さのものが普通に生えてきます。

一時的でもムダ毛は生えてこなくなるので効果はあるのですが、ソイエは無理やり毛を引き抜くので強い痛みを伴いますし出血することも珍しくありません。

1番身近な脱毛器具といえば...ズバリ!毛抜きですよね。

女子高では授業中、指毛を抜いたりすることは日常茶飯事ですよね。

次に思いつくのはガムテープでしょうか。

ガムテープで脱毛しようとし、あまりの痛さに泣いてしまったという経験をされた方もいるでしょう。

あとは脱毛器具にあてはまるのか微妙ですが、除毛スプレーというのも手軽にできる脱毛法の1つです。

最近ではブラジリアンワックスというワックス剤と塗布して一気に剥す脱毛も人気です。

ブラジリアンワックスは元々はアンダーヘア脱毛に採用されていた脱毛法ですが、ブラジリアンワックスで鼻毛の脱毛をしているという人が最近増えています。

家庭用の脱毛器で最近最も主流なのが光脱毛です。

5万前後で購入できますし、脱毛サロンに行くよりも手間も費用もお手軽です。

医療脱毛では高い脱毛効果を誇るレーザー脱毛が使われます。

参考:ケノン口コミ2ch?効果口コミ【体験3カ月の効果を大暴露】